目次

さらなる進化を遂げ「史上最強」の声も

さらなる進化を遂げ「史上最強」の声も

第3章

さらなる進化を遂げ「史上最強」の声も

キタサンブラック 登り詰めた最強の座

目次

 勝っても勝ってもなかなか1番人気にならない「実力先行型」だったキタサンブラックは、やがて「現役最強馬」と呼ばれるようになる。

 王者としての地位を確かなものにしたのは、2016年のジャパンカップで見せた圧巻の走りであった。

 それまでの12戦で唯一着外(14着)に沈んだダービーと同じコースだけに、「東京不安説」もささやかれていたのだが、差のつきにくいジャパンカップで2着を2馬身半突き放し、逃げ切った。

王者としての地位を確かなものにした2016年ジャパンC(撮影:下野雄規)

「普通に強かった」という武の言葉は、いかなる条件でも勝てたという意味の、最大級の賛辞だろう。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン

いざダービー&新馬スタート!
14日間無料キャンペーン中!

  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.