目次

“亡霊の孫” その特異な出生

“亡霊の孫” その特異な出生

第2章

“亡霊の孫” その特異な出生

テンポイント 40年を経ても色褪せない名勝負

目次

 ときは「TTG三強」最後の対決となった有馬記念から四半世紀ほどさかのぼる。

 1951(昭和26)年の桜花賞で2着、菊花賞で4着と好走したクモワカという牝馬がいた。32戦11勝という立派な成績で、旧5歳になった1952年も現役をつづけていた。

 ところが、その52年の9月、クモワカは、京都競馬場の獣医師により馬伝染性貧血(伝貧=でんぴん)と診断された。伝貧は、重度の貧血を伴う高熱が出て、やがて衰弱死する伝染病だ。

 クモワカは、京都競馬場の隔離厩舎に移された。しかし、伝貧らしき症状はまったく見られなかった。

 にもかかわらず、家畜伝染病予防法の規定により、12月末までに殺処分するよう京都府知事の名で命令がくだされた。

 馬主の山本谷五郎は農林省畜産局や京都府に伝貧である証拠を示すよう求めた。交渉はなかなか進まなかったが、京都府は、クモワカを治療試験用の学術試験馬として隔離厩舎に置きつづけることを許可した。

 そのままほぼ3年が経過し、クモワカは、55年秋、北海道早来町の吉田牧場に移った。

 クモワカは吉田牧場で繁殖牝馬となった。56年春から種牡馬との交配を始め、「丘高」という繁殖名で軽種馬登録協会に血統登録を申請し、受理された。

 しかし、58年春、第2仔を産んだクモワカは、軽種馬登録協会から血統登録を抹消すると通告された。丘高が、伝貧で殺処分命令を受けたクモワカであることを知られたからであった。

 その後、京都府から馬主の山本に、再検査の結果陰性と認められたので、殺処分を取り消すという通知があった。

 それでも軽種馬登録協会はクモワカ側の申請を受け付けなかった。

 そこで山本は、クモワカと産駒の血統登録を申請する民事訴訟を起こした。一審はクモワカ側の敗訴に終わったが、上級審の審理中、軽種馬登録協会は、クモワカが健康であると診断されたら登録を認める、という方針を決定した。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.