目次

別れの時

別れの時

第11章

別れの時

黒船襲来を止めた駿馬、その名は“帝王”

目次

 結果として、1993年の有馬記念が事実上、彼の引退レースとなった。
 1994年に入り、春のレースに向けた調整中に右脚に筋肉痛を起こし、レースを回避。その後、左脚の故障が判明する。なんと4度目の骨折だった。そこで関係者は、秋の天皇賞をラストランと決めた。
 しかし…。



 「引退を決めたのは8月の末ぐらいでしたね。そのとき二風谷(にぶだに、北海道にある軽種馬育成センター)に行きまして、軽い調教を始めたんですけど、まだ右脚を気にしているところがありましたし、その時点でもう天皇賞まで2か月しかありませんでしたから…」(松元調教師)

 引退セレモニーは1994年10月23日、東京競馬場で行われた。
 トウカイテイオーは、ゼッケン“20番”を背にしてラストランを披露した。そのゼッケンは、そう、彼が1991年5月の日本ダービーで出走したときに付けていた番号だった。

 その姿をリアルタイムで見ていた方の言葉を引いておこう。


「この馬(トウカイテイオー)のダービーの光景は、

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン

いざダービー&新馬スタート!
14日間無料キャンペーン中!

  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.