目次

もはやこれまで?

もはやこれまで?

第7章

もはやこれまで?

黒船襲来を止めた駿馬、その名は“帝王”

目次

 回復は意外と長引き、10か月を要したものの、復活後第一戦となった1992年4月の産經大阪杯は圧勝。これで「完全復活はなった」と誰もが思った。

 問題はその3週間後の春の天皇賞3200メートルだった。初めての長距離ではあったが、武豊騎乗のメジロマックイーンとの一騎打ちが期待された。
 しかし結果は、最後の4コーナーで先頭のメジロマックイーンを追いかけるように上がってきたトウカイテイオーはまさかの失速。5番目にゴールしたときには、1着のメジロマックイーンと10馬身近い差をつけられていた。

 ならば次の舞台は、

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン

いざダービー&新馬スタート!
14日間無料キャンペーン中!

  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.